Topics

Topics一覧

休業日変更のご案内

平素は格物のご高配を賜りまして誠にありがとうございます。
2020年より通常月の休業日を以下の通りとさせていただきます。
スタッフの就業環境改善 及び 選択と集中によるサービスの充実を目的と致します。
ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

休業日
★毎週月曜日  ★第二日曜日  ★祝祭日

休業日

料金改定のお知らせ

令和2年1月1日より料金改定を行わせていただきます、

改定内容と致しましては、車検整備等の基本料金を排気量別から車両タイプ別に変更させていただきます。
・料金の改定は入庫ベースとさせていただきます。
・平成7年に改定して以来の改定となります。
新しい料金表はこちらです⇒ 
・諸費用の改定は11月車検到来のお車から変更させていただいております。

ご理解とご了承をよろしくお願いいたします。
ムツミコミュニティ株式会社 代表取締役社長 臼井克美


ミリ波エーミングを開始いたします。

自動車は自動運転や衝突軽減、歩行者保護など 様々な課題を技術で解決するために、日進月歩どころか、日進時歩と簡易jるほど日々動きが激しいです。
今後の自動車整備のあり方がどう変わってゆくのか、とても不透明では有りますが、多くの情報を入手しながら、できる限りは安全・安心と環境保護簿為に努力して行きます。
この度、カメラエーミング(軽自動車以外の全車種)に加えてミリ波レーダーエーミングを7月より開始致しました。します。残念ながら当初はトヨタ車だけでのスタートですが、順次扱える車種を増やして行きたいと考えております。

また、この様な正確な校正には、その基礎となることも重要です、例えば空気圧、エアゲージで日々調整を行っていますが、弊社ではエアゲージ自体の構成を精密機器を使用して定期的に行い、その確からしさを担保しています。

ミリ波ターゲット

ミリ波ターゲット


ADASエーミング始めました!

クルマの安全装備が益々進化しています、カメラや多くのセンサーを利用して、衝突軽減ブレーキを始め、自動運転に向けた装備が益々充実してきております。
その安全装備が正確に機能する為にはシャーシの整備は勿論ですが、カメラやセンサーの調整も極めて重要な要素となっています、ガラス交換やボディーの修理時等には必須の調整作業です。
弊社では、その第一歩としてガラス交換時のエーミングを開始致します、必要なソフトウェアを含む設備機器の導入、及びメカニックの養成も完了いたしました、お気軽にご相談ください。

ガラス交換時にはエーミングが必須ですが、行われていない車両が多数ございます、中古車をお買い求め後には、エーミングの実施をお勧めいたします。

ADASエーミング

ADASエーミング


CDRアナリスト誕生!

CDR(Crash Data Retrieval)アナリストが誕生しました。
昨今の自動車は高度に電子化され、その運行に人間が関与しない、又は、人間とクルマの間に電子制御が挟まる時代になりました、今後は自動運転に向けてクルマの電子化は加速度を増しております。
この様な背景の中、事故等が発生した場合に、その時の自動車の制御、人の操作、はどうだったのか?を正確に検証できる仕組みが必要となってきました。
CDR-img

米国等では先行して、この様な対処の為に、クルマに搭載されたEDR(イベントデータレコーダー)よりデーターを吸い出して解析するサービスが展開されています。
ここへ来て、日本国内でもその重要性が認識され、保険会社・警察等で注目が集まり始めています。
弊社ではいち早くこの様な流れを察知し、CDRアナリストの養成を行いました、自動車の電子制御に精通したメカニックが加えて勉強し資格取得する事に大きな意味が有ると考えております。
日本ではまだまだ認知されておりませんがc,この様な取り組みも弊社では始めております。

以下のリンクは国土交通省での発表資料です。
http://www.mlit.go.jp/common/001219351.pdf


MOTULの取り扱いを始めました

MOTULの総輸入販売元であるテクノイル・ジャポン株式会社がボッシュカーサービスのパートナー企業となりましたので、当店でも取り扱いを開始いたしました。

160年を超える歴史に裏付けられた品質を是非お試しください。

各メーカーよりアプルーバルを取得している 8100 X-CESS 5W40 を中心に販売開始いたします。

モチュールオイル

モチュールオイル


facebookページ出来ました

f-icnムツミコミュニティ株式会社facebookページ開設いたしました。
楽しい色々な情報をアップして行きます。「いいね!」をよろしくお願いいたします。
http://www.facebook.com/MutsumiCommunity/


クルマ屋おやじの本場ドイツBCS訪問記

BOSCH本場ドイツのボッシュカーサービスに行ってきました、勉強になることばかりでした。

詳しくはブログに掲載されています。(こちらが初日です)
http://www.kurumayaoyaji.com/archives/6064.html

ドイツのボッシュカーサービス

ドイツのボッシュカーサービス


当店はBCS(ボッシュカーサービス)認定工場です。

BCS(ボッシュカーサービス)最新の整備機器を投入し、ボッシュの行う各種カリキュラム研修を受け、いくつもの課題をこなし、受けることが出来る認定です。

ボッシュ・カー・サービス(BCS)では近年の電子化が進んだ車に対応するため、様々な最新の診断機(電子工具)を設備し車検や点検などあらゆる作業で機械(診断機)を使った診断を行っています。

人の健康診断も体重、血圧、心電図、超音波など様々な機械を使って検査しますが、本来車も必要なはずです。現在の整備はメカニックの目視や感覚が中心ですが、今や進化した車をこの方法だけで的確な整備を行うことが不可能になってきています(安全性の確保や環境保護も難しくなっていきます)。

基本的に人が目で見ること、経験に基づく感覚などは整備をする上で非常に重要なことではありますが、BCS ではそれらのことに+αとして、機械(診断機)を使い、人の見れない部分や見落としてしまう部分を補うことで、より綿密に車の状態を把握し、お客様の安全と安心を追及した整備を目指しています。

BCS(ボッシュカーサービスを更に詳しく→)


オートマチック車(AT車)の電気自動車化(コンバートEV)に成功しました

EV-AT

板橋区内の整備事業者を中心とした”板橋EVクラブ”でオートマチック車(AT車)の改造電気自動車化に成功し、無事ナンバー取得できました、多方面からのご支援に心より御礼申し上げます。

半年がかりで進めてきたEV製作でした、難しいとされていたAT車の改造にチャレンジし、漸く完成の日を迎えました、モーターとエンジンのトルク曲線の違いから、どの様な変速になるか、心配しておりましたが、調整の結果、とても滑らかな変速フィーリングを実現できました、クリープもあり、とても乗りやすい車体に仕上がりました、改造電気自動車特有の急な発進がありませんので、違和感無くお乗りいただけます、問題はガソリン車と同じく電気消費量がMTに比べて多いことです、MTの電気自動車は停車中の電力消費はほぼゼロですが、ATの場合はモーターを回し続ける必要があり、トルコンのロスと合わせて電費が悪くなります、今後の課題です。


ページトップへ