クルマで聞きたい”一曲”週末編”

カテゴリー:音楽

こんにちは、臼井@ムツミです。

週末のご予定は決まっていますか?
暑さが少し和らいで、ほんの少しだけだけ秋の風が感じられますネ。
少し遠くのレストランでランチはいかがですか?

今日のドライブミュージックは爽快な系統でご紹介いたします。

1981年のJohn O’banion のアルバムJOHN O’BANION から
   ”Take a Chance On Love”

軽快なピアノから始まるイントロ、渋滞を抜けて郊外に出たら真っ先に聞きたい一曲

次はこれ。。

Chicago の 比較的新しいアルバム(1991) Twenty ONE より ”If it were You”

サビでグッと音程が上がるところが気持ちイイ!!

そして、

Cutting Crew のアルバム Broadcast より ”One For The Mockingbird”

ギターのカッティングがとにかく心地よい。。

スピードは控えめに。。
まだまだございますが、また次回に。。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.mutsumi-net.co.jp/archives/4027.html/trackback

コメント





*