BMW E34冷却水漏れ修理・整備

カテゴリー:BMW
BMW-E34-01

E34

こんにちは、臼井@ムツミです。

アポロ月面着陸で名言をの残されたアームストロング船長が逝かれました。
科学技術が大きく進歩し、アメリカの経済力の象徴でもあったアポロ計画でした。しばらく惑星に行く計画はなくなっていましたが、ここにきて火星が盛り上がっています。次は火星ですね、船長は一足お先ですかね。ご冥福をお祈り申し上げます



BMW E34 540 
冷却水が漏れるとのご依頼でご入庫いただきました。
まずはエンジンを冷まします、冷却系は熱いままですと危険がいっぱいです。
冷めたところで加圧テストを行います、
熱いうちは微細な漏れは蒸発してしまって分かりにくかったりします、すぐに水漏れが始まりました、サーモスタットケースとロアホースのつなぎ目付近です、各部分解を開始して、詳細にみて行きます、やはり該当部位は間違いありません、サーモケースを開くと、さらに、サーモスタットが破損していました、溶接が剥離して機能しなくなっています、合わせて整備させていただきました。
低年式のお車は全体に老朽化しているので、整備に気を使います、また全体のバランスを考えた整備が必要です。
エア抜き、ロードテストを行い、再度冷めたところで冷却水量を合わせて完了です。
ありがとうございました。

BMW-E34-02

サーモスタット










トラックバック

トラックバックURL:
http://www.mutsumi-net.co.jp/archives/3960.html/trackback

コメント





*