ボルボV40 フロント足回りの音 修理・整備 

カテゴリー:ボルボ
VOLVO-V40

V40

こんにちは、臼井@ムツミです。

老眼が進みました、PCの距離が良く見えなくなってきました。
いよいよデスク回り用メガネが必要かなぁ

牛角が外資に買収されるそうですね。
つい、この間まではフランチャイズの大成功例として話題になっていた企業です。
アルバイトの士気を上げ、店員個々に自ら考え行動するスタッフ教育方法など、勉強になる事が多かった企業でした。
シャープと言い最近は急激に元気の無くなる企業が増えています、世の中の流れが速すぎるのもあると思いますが、資金的に行き詰まってしまうケースも多そうで、次の一手に出る財務力が乏しいからなのでしょうか?。
がんばれニッポン!!

ボルボ V40 2001年 
前回りで、音がする、でご入庫いただきました。

だんだんと顕著に出るようになったとの事で、ご入庫いただきました。
音の整備は難しいものの一つです、発生頻度が低いとさらに難易度が増します。
今回は、少々の試運転で異音の確認ができましたので、先に進めそうです。
どうやら右に少し切って段差を越えると、”コト”っとなるようです。
リフトアップして、経験をもとに鳴りそうな部位を外したり、グリスアップしたりして音の変化を見てゆきます、
リフトに入れたり、走ったりと時間のかかる作業ですが、ここを抑えませんと完治しません
原因が見えました、スタビライザのマウントブッシュがやせて、スタビライザと、フレームがほんの少し干渉するようです。
原因が分かれば、あとは整備するだけ、それでもスタビライザはサブフレームの上に固定されていますので、分解整備が若干大掛かりになります。
これ以上難解な異音は、音センサーを車体に付けて、走ったり、位置を変えたりとカット&トライが長くなります。
交換後のロードテストで、問題が改善されていました。
ありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.mutsumi-net.co.jp/archives/4041.html/trackback

コメント





*