キャンピングカー リアルタ 

カテゴリー:キャンピングカー


こんにちは、臼井@ムツミです。
昨日からの長雨、そんなに寒くないけどいやですね。
写真は昔愛用していたキャンピングカーでアメリカのウイネベーゴ社製リアルタ95年式です。
エンジン、ミッションは VWトランスポーターと一緒で当時は2500CCでした。この巨体をよく2.5Lで動かしているものです。登坂もまあまあがんばってくれました。
キャンピングカーには大きく分けてアメリカンタイプと、ヨーロピアンタイプがあります。それぞれお国柄が出ていて面白いものです。
アメリカンはざっくり言って、省エネでは有りません、車体も重く。発電機なども積んでおり、電気・ガスとも非常に食います。ヨーロピアンは軽量化がされていますがエンジンも小さいです。
大変省エネ設計で、いろいろな作動音も小さいです。。

キャンピングカーはどこでも行かれて楽しいですが、ある程度自分でDOITできないと維持が大変になります。

リアルタはアメリカンにしてはエンジンも小さく燃費がよかったですが、スタイル重視の為天井が低かったです。約4年間スキー・川原・公園とたくさんの思い出を作ってくれました。
車両が大きいのと、シャーシ部分のメンテナンスが自社工場ではサイズ的に厳しい面もあり手放しました。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.mutsumi-net.co.jp/archives/640.html/trackback

コメント

始めまして、中村と、申します。リアルタの、購入を考えているのですが、スキーが、大好きなため特に、冬の、走行が、心配なので、お教えください。雪道では、リアルタは、弱いと、聞いたのですが、どうでしょうか? また、何か対策は、あるのでしょうか?よろしくお願いします。

名前:中村 眞一 - 日時:2011年3月29日5:38 PM

こんにちは、臼井@ムツミです。
重量がある為、トラック用スタッドレスしか無く、上り坂は厳しいですね、アイスバーンは登れません。チェーンを履いたりした事はありませんでした、仲間に牽引してもらうか、引き返しました。暖房が全体に行き渡らないので、工夫が必要です。

名前:mutsumi - 日時:2011年3月29日6:11 PM





*