メルセデスベンツW211燃料漏れ 

カテゴリー:メルセデスベンツ

こんにちは、臼井@ムツミです。

今日もお天気で、ソーラー発電快調です(^^
郵便事業の民営化が見直されるそうですね、働いている人は右往左往で大変ですね。
一番に国民が望んでいるのは、安定ではないでしょうか?
色々な政策は必ず、影と日向が出ます、何度も屋台骨組みなおす方が問題のような気がしますが??

朝にエンジンが掛かりにくいとのご依頼で入庫したW211メルセデスE55です。
早速テスターで診断、、どうもこれと言ったものが無く、考えていると、なにやら車体の下にたれ物が・・ガソリンらしい。
これは大変と、調べてゆくと、センダーユニットの所がガソリンでビシャビシャです、エンジンを動かすと、ピュッピュと噴出していました、危なかったです。
センダーユニット出口のL型パイプに亀裂がある様です。

リコールは処理済でしたが、リコールの部位に近い為、メーカー系ディーラーでの対応に切り替えます。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.mutsumi-net.co.jp/archives/922.html/trackback

コメント





*